葬儀前にまず知っておくこと
2017.05.24

手すり自らが喪主となる葬儀を経験したことがないなら、葬儀の前に何を知っておくべきかわからないというのは当たり前のことです。葬儀相談は町田市の葬儀屋でも受け付けているところが大半ですから、ぜひ気軽に相談に行ってみましょう。

全国的に、規模が小さく親族が中心に参列する家族葬という形態がブームになってきました。町田市の葬儀においても例外ではありません。葬儀前にまず知っておくことの1つは、自分が希望する葬儀はどのような形態なのかということです。血縁に限らず、地縁、社縁なども含めたたくさんの人を呼ぶ一般葬がいいのか、こぢんまりとしていてお別れに集中できる家族葬がいいのか、はたまた葬儀をせず、火葬だけで済ませてしまう直葬がいいのか。できれば葬儀相談に行く前に決めておきましょう。

葬儀前にまず知っておくことの2つめは、葬儀にかかる予算です。これは葬儀相談に行った際に、希望する葬儀の規模や宗派、葬儀場や祭壇、棺の種類などを決め、担当者から見積もりを出してもらうことでわかります。できれば、初めに相談に行った葬儀屋にすぐ決めてしまうのではなく、複数の葬儀社をまわって見積もりをもらいたいものです。候補が多ければ多いほど、予算感がより具体的になってきます。とくに町田市はお葬式のための式場がかなり多いところです。予算の比較対象は豊富だといえるでしょう。

葬儀前にまず知っておくことの3つめは、お墓がどこにあるかということです。町田で葬儀をしたいと考えているのであれば、お墓も近くにある人が大半でしょう。そのお墓は、寺院が直接管理する寺院墓地でしょうか。もしそうだとしたら、お葬式を仏式で行わなければならない可能性は高いでしょう。お寺の檀家であれば、仏式で葬儀をしなければお骨の受け入れは難しくなってしまうからです。ただ、最近の檀家不足から、「宗派不問」の区画を取り入れる寺院も多くなってきました。納骨しようと考えているお墓がどこにあるのか、宗教の縛りがあるのかどうかを振り返っておきましょう。

以上、葬儀前にまず知っておくことを3つお伝えしました。葬儀の規模、予算、そして宗教についてざっくりとでも捉えておけば、いざというときに慌てることはないでしょう。他にも、香典は受け付けるか否かといった、決めなければならないことはたくさんありますが、たいていは葬儀をする段階になってから、近親者と相談しながら決めるべきものです。葬儀相談をしたうえで懸案事項が出たら、リストアップして家族と相談し、不安を1つずつ解消していきましょう。

▲ ページトップへ