葬儀でよくある相談
2017.05.24

歩く道「生前から葬儀について考えるなんて、縁起が悪い」という風潮は終活ブームによって消え去り、葬儀についての事前相談を行う葬儀社がかなり多くなりました。葬儀相談は町田市の葬儀屋でもほとんどが行っているでしょう。葬儀についての事前相談でよくあるのが、「無宗教葬にしたい」「なるべく小規模にしたい」「逝去時にまず何が必要かが知りたい」というものです。1つずつ解説しましょう。

「無宗教葬にしたい」という相談は、お寺に納めるお布施に不透明さを感じている人、そもそも自分には宗教心がないと感じている人から寄せられることがほとんどです。仏式での葬儀に意味を見いだせないということなのでしょう。無宗教葬にしたいと考えたときには、お墓がどこにあるかがポイントになります。もし菩提寺がある場合、無宗教葬を選ぶのはとても難しくなるでしょう。菩提寺があっても無宗教葬を貫きたいと考えるなら、別にお墓を求めるしかありません。宗教フリーの霊園に、夫婦で入れるお墓などを購入するのです。ただ、そうなると残された遺族はお墓を2つ管理することになります。遺族に負担をかけないためには、先祖代々のお墓をどうすべきか、檀家を抜けるか否か、菩提寺とよく話し合いをしなければならないでしょう。

「なるべく小規模にしたい」という相談は、葬儀にかかるお金を節約したい人、静かに故人を見送りたい人から寄せられます。とくに親族を中心として行う葬儀を家族葬といい、町田でも家族葬が増えてきました。静かに見送りたいという人には確かに家族葬が向いていますが、節約したいと考える人にとって、必ずしも小規模な葬儀がよいとは限りません。小規模な葬儀をすれば、もらえる香典が少なくなってしまうからです。仏式にするなら、お葬式の規模に関わらずお布施が必要ですから、多くの人を呼んだ方が金銭的な負担が少なくなる可能性があります。複数の人数パターンで見積もりを取って、持ち出しがいくらになるかシミュレーションすることが必要です。複数のパターンで見積もりをくれる葬儀屋は町田市にも少なくありません。葬式を町田市で行いたい場合は、ぜひ電話で問い合わせてみましょう。

「逝去時にまず何が必要かが知りたい」という相談は、初めて人を看取る人たちから寄せられます。「逝去後は、まずは連絡」と頭に入れておきましょう。事前相談をして契約を取り決めた葬儀社に、病院へ迎えに来てもらえるよう連絡します。病院から移動させる安置場所が決まったら、すぐに駆けつけてほしい親族へ連絡します。安置場所へ移動したら、葬儀を務めてくれる菩提寺などに連絡します。こうして葬儀に携わる人を安置場所へ誘導するのが、喪主の最初の務めです。

▲ ページトップへ