葬儀は場所で選ぶ
2017.05.24

階段もしものときのために、葬儀を依頼する葬儀屋を決めておきたいけれど、何が決め手なのかわからない。そう悩んだとしたら、場所に注目してください。葬儀は場所で選ぶのが、正しい選択です。

葬式を町田市で行いたいとしたら、葬儀場の候補はたくさん出てくると思われます。地図を広げ、自宅、家族が入院などしている病院、火葬場をチェックします。それぞれの場所からあまりに離れている葬儀場は、候補から外してしまった方がいいでしょう。なぜなら、それぞれから遠い葬儀場は搬送料金がかさみ、移動時間が長くなってしまう恐れがあるためです。

病院で逝去となったら、自宅か葬儀社の持っている安置室へ移動する必要があります。自宅に安置したら、通夜のときには通夜会場まで故人を移動させなければなりません。葬儀の後には、葬儀場から火葬場まで霊柩車で故人を搬送します。いずれのケースも、移動距離によって搬送車の利用料金が変わってきます。遠ければ遠いほど、高くついてしまう恐れがあるのです。また、逝去から葬儀が終わるまでの間は、自宅と葬儀場や安置室を頻繁に往復することになります。葬儀場は、自宅から近いに越したことはありません。

なお、いっそのこと自宅で葬儀をするという選択肢もあります。自宅での葬式というと、大変なイメージがあるかもしれません。しかし、とくに自宅のある町田市で家族葬をしたいと考えている人は、一考の余地があります。自宅で大人数の葬儀は無理でも、10人程度の家族葬ならどうでしょうか。友人が集まってホームパーティーをしたり、お盆や正月に親戚が集まったりしたことのある家なら、十分そのキャパシティがあります。一度、葬儀社に相談してみるのがいいでしょう。

また、葬儀ができる公民館も存在します。全国どこの公民館でも葬儀ができるわけではなく、それぞれの利用規約によって定められていますが、意外なところで葬儀ができるかもしれません。調べてみましょう。公民館で葬儀を行う場合も、もちろん葬儀社の手を借りることができます。ただ、「公民館のほうが葬儀場よりも使用料が安く済む」という考えだけで公民館を選ぶのは、おすすめできません。公民館は葬儀のための施設ではないので、祭壇を組んだり、仏具を持ち込んだり、受付のためのテントを張ったりと、設備費がかかるためです。なお、季節によっては暖房が必要だったり、駐車場に誘導する人員を割かなければならないかもしれません。公民館で葬儀をしたいと思ったら、詳細な見積もりを取り、葬儀場での葬儀と比較してみましょう。

▲ ページトップへ